2011年03月22日

肘部管症候群

肘部管症候群とは、肘関節の後ろにある尺骨神経が、肘の内側にある「肘部管」と言われている神経の通り道で、圧迫されたり、引きのばされたりして起こる神経障害の事なんです。

神経が圧迫される原因としては、長時間の重労働や加齢による肘の骨の変形、小さい頃に肘を骨折した事などが原因として考えられているものです。

ちなみに、尺骨神経とは、肘をぶつけた時に電気が走ったような痛みを感じた経験が誰にでもあるものですが、それを感じる神経の事。

症状は麻痺の進行によって異なるのです。

最初の段階では、小指と薬指の小指側にしびれ感を感じるようになります。

麻痺が進行していくと、手の筋肉がやせて、細かな動きがしにくくなったり、小指と薬指がまっすぐにのびない、いわゆる鉤爪(かぎづめ)変型になったりします。

また、筋力が低下していきますので、指を開いたりとじたりする運動も出来なくなり、握力も低下して日々の生活にも支障をきたすようになってきます。

診断の際には、肘の内側のくるぶしの後ろを軽く叩くと、ジンとした痺れや痛みが指先に走るかどうかをチェックします。

また、電気で神経を刺激して筋肉が反応する速度を計測し、どのくらい神経が痛んでいるのか、どの部分に神経障害が起きているのかなどのチェックをする場合もあります。

肘に変形がある場合には、レントゲン検査を行って、肘の変形具合や関節の隙間が狭くなっていないかどうかもチェックします
posted by たいようhand at 00:00| 肘部管症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

ヘバーデン結節治療方法

関節リウマチの症状ともにているヘバーデン結節ですが、その治療方法には一体どのようなものがあるのでしょうkか。

ヘバーデン結節の治療法としては、整形外科では電気治療が一般的に行われており、カイロプラクティックでは手根骨や指の矯正を行って負担を軽減させるようにしていると思います。

それ以外にも、のみぐすりやはり薬、塗り薬、患部へのテーピングを主な治療方法として行います。

テーピングを行う事は、幅の細いテープを使い、第一関節の周りにぐるぐる巻いて、関節がうごかないようにすれば、患部の固定効果だけではなく、関節の変形予防にもつながります。関節の痛みや炎症が強い場合には、非ステロイド消炎鎮痛剤を利用したり、軟こう塗布を使った治療を行ったりします。

大半の場合、ヘバーデン結節は手術にまで至らないのですが、関節の変形が酷く、痛みもあり、いつもの暮らしに支障をきたすようになった場合には、第一関節の関節形成術などの外科的手術を行うケースも稀にあるみたいです。

ヘバーデン結節は、加齢に伴って発症する変形性関節症のひとつで、他の関節や部位にまで痛みや炎症が広がるような事はないでしょう。

治療を行う、行わないに関わらず、大半のケースではにおいて、一定の期間を過ぎると痛みや炎症は改善されていくだと思います。

個人差も多々あるのですが、数年のうちには多少の指の変形を残して、ヘバーデン結節の症状はなくなるのですので、あせらず気長に治療するようにしましょう。




薬を飲まずにうつを克服
posted by たいようhand at 00:00| ヘバーデン結節治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

ヘバーデン結節

ヘバーデン結節とは、指の第一関節の背側、つまり、手の甲側に出来る骨の変形による膨らみのことを指します。

これは、指の第一関節の骨関節炎で、リュウマチではないかと誤解される場合も多くあるでしょうが、リウマチとは異なる病気。

ヘバーデン結節の主な症状としては、人差し指から小指にかけての第一関節が、強く握るとズキズキといたんだり、赤く腫れたり、かたちがかわったりします。

また、ガングリオンと言ってみずぶくれっぽい嚢腫が出来る場合もあるんですね。

このように、指先に力が入らないようになる為、手を強く握る事も困難となり、動きも悪くなって、日常生活にも支障をきたす事が多いはずです。

へバーデン結節の発症の原因は不明と言われていますが、一般的に四十歳台の女性が比較的多く発症しているはずですので、加齢や指先への負担が大きい事が原因だと考えられていることでしょう。

発症する年齢を平均すると、だいたい55から56歳ぐらい、男女の比率は1対10と圧倒的に女性の比率が多い事が特徴なのでしょうか。

また、男性の場合は、発症の平均年齢が高くなる傾向があります。

指の関節に痛みを感じた場合には、リュウマチかそうでないかを早目に判断した方がいいのではないでしょうか。

レントゲンでしらべると、ヘバーデン結節か関節リュウマチかの区別はすぐにつきます。

もし、痛む部分が指の第一関節から他の部分にもひろがっていくようであれば、ヘバーデン結節以外の症状でしょうので、必ず専門医の診断をうけるようにした方がいいでしょう。





自宅で出来る難聴治療
健康とダイエット
吃音(どもり)改善
posted by たいようhand at 09:34| ヘバーデン結節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。