2011年03月19日

ヘバーデン結節治療方法

関節リウマチの症状ともにているヘバーデン結節ですが、その治療方法には一体どのようなものがあるのでしょうkか。

ヘバーデン結節の治療法としては、整形外科では電気治療が一般的に行われており、カイロプラクティックでは手根骨や指の矯正を行って負担を軽減させるようにしていると思います。

それ以外にも、のみぐすりやはり薬、塗り薬、患部へのテーピングを主な治療方法として行います。

テーピングを行う事は、幅の細いテープを使い、第一関節の周りにぐるぐる巻いて、関節がうごかないようにすれば、患部の固定効果だけではなく、関節の変形予防にもつながります。関節の痛みや炎症が強い場合には、非ステロイド消炎鎮痛剤を利用したり、軟こう塗布を使った治療を行ったりします。

大半の場合、ヘバーデン結節は手術にまで至らないのですが、関節の変形が酷く、痛みもあり、いつもの暮らしに支障をきたすようになった場合には、第一関節の関節形成術などの外科的手術を行うケースも稀にあるみたいです。

ヘバーデン結節は、加齢に伴って発症する変形性関節症のひとつで、他の関節や部位にまで痛みや炎症が広がるような事はないでしょう。

治療を行う、行わないに関わらず、大半のケースではにおいて、一定の期間を過ぎると痛みや炎症は改善されていくだと思います。

個人差も多々あるのですが、数年のうちには多少の指の変形を残して、ヘバーデン結節の症状はなくなるのですので、あせらず気長に治療するようにしましょう。




薬を飲まずにうつを克服
posted by たいようhand at 00:00| ヘバーデン結節治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。