2011年04月02日

変形性肘関節症の治療法

変形性関節症のうち、稀に発生する変形性肘関節症とはいっても、その治療法には一体どみたいなものがあるのでしょうか。

変形性肘関節症の治療法は、関節症が軽い時期には保存療法をおこないます。

保存療法には、消炎鎮痛薬などによる薬を用いての治療や、患部を温める温熱療法、関節内注射などがあります。

日頃の生活においては、肘に負担をかけないように行う場合が大切です。

肘の関節にかかる負担を軽くする為、腕の筋力アップや肘の動きを良くする運動を取りいれると良いですね。

しかし、保存療法の場合、痛みが軽くなったとしても、変形性肘関節症の進行を抑えられたわけではありません。

根本的な変形性肘関節症の治療としては、やはり手術療法が必要と言えます。

手術療法では、尺骨神経が締め付けられている場合には肘部管症候群といってオズボーン靭帯の切離と上腕骨内側顆部切除術を併用して行うかもしれません。

橈骨頭を骨折した後に、前の腕がスムーズにうごかなくなり、日常の生活に支障がある場合には、橈骨頭切除術をおこなうでしょう。

関節を動かせる範囲が狭くなった場合には、改善する為に関節内の遊離体を摘出したり、骨棘や炎症滑膜の切除をしたりする関節形成術を行うのです。

また、もし、変形が進んでいる「リウマチひじ」の場合には、肘の関節を摘だして人工関節におきかえる手術もあるのですよ。

手術を行った後は、無理をすると再び症状が進行する事もある為、手術後は肘を酷使しないよう心がけることが重要です。
posted by たいようhand at 00:00| 変形性肘関節症の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

変形性肘関節症

変形性肘関節症とは、肘関節の軟骨が擦りへって、肘に痛みや変形などが発生する退行性疾患で、変形性関節症のうち、肘での発生率は1〜2%と稀だと呼ばれていますね。

けれど、ちかごろでは、パソコンなどの普及によって発生率はちょっとずつ上昇傾向にあるようです。

軟骨は、骨にかかる衝撃を和らげるクッションのような役割を果たしていますねが、この軟骨部分が擦り減ってしまうと、硬い骨同士が直接触れ合う事です。

骨と骨が擦れ合うと、骨の端には「骨棘」といった骨のトゲが出来て、それらが神経を圧迫したり、刺激したりする事で痛みや変形などの症状が発症するという訳ですね。

左右両方の肘の関節に発症する可能性がありますが、一般的にはきき腕側の肘に発症するケースがおおいでしょう。

変形性肘関節症の主な原因は、肘の使い過ぎによるものだと考えられており、実際に野球みたいなスポーツ選手や大工職みたいな仕事で、長年にわたって肘を酷使してきた人に多くみられる症状はずです。

しかし、一部では、肘の骨折や脱臼、関節炎の後遺症や血友病、先天異常などに伴って発症することもあるのです。

また、原因がはっきりしないような加齢に伴う症状の場合には、一次性変形性肘関節症とも呼ばれています。肘をうごかすと痛みを感じ、除々に肘の曲げたり伸ばしたりが困難になるようでしたら、早急に整形外科を受診するようにしてください。

そのまま放って置くと、肘の関節がうごかなくなってしまう場合もあるようなので、注意が必要でしょう。
posted by たいようhand at 00:00| 変形性肘関節症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

肘部管症候群の治療方法

肘部管症候群の治療方法は、その症状によって異なってくるのです。

まず、症状が軽い場合には、薬物治療として痛み止めや筋弛緩剤、胃腸のくすりやビタミン剤などをつかって、経過の観察を行います。肘を安静にすることや、少量のステロイド注入、ブロック注射、温浴療法、電気刺激療法なども有効かもしれませんね。

これらの対処方法で効果が見られない場合や骨に変形がある場合、筋肉にやせほそりの症状、特に手の甲の親指側のふっくらとした部分がやせてきている場合などには、手術が必要になってきます。

この手術は、靭帯を切ってトンネルを開き、神経の圧迫を取りのぞいたり、神経の緊張が強い場合には筋肉を神経の下に移動させたりするのだそうです。

また、骨を切って変形している部分を矯正し、神経麻痺を治す矯正骨切り術を行う事もあるみたいです。

肘部管症候群は、症状が痺れだけの軽度な場合であれば、薬物治療とリハビリで回復するケースが多いものですが、運動麻痺の症状があらわれて重症化してから手術を行うと、回復までには相当の時間を要するようになってしまうみたいです。

このように、手遅れになってしまわないようにする為にも、小指や薬指に痺れや痛みを感じたり、その症状が続いたりするようであれば、素人判断をせずに、最初に整形外科を受診して医師の診断を仰ぐようにして下さい。

特に、手や指の筋肉に痩せ細りの症状や握力の低下を感じるようともなれば、早急に受診する事が大切です






アレルギー性鼻炎
posted by たいようhand at 00:00| 肘部管症候群の治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。